仕事着である白衣の着こなし

病院で診察を受けた後、診療費の支払いをして処方箋を受け取り、調剤薬局に行って処方箋を渡して薬を調剤してもらう、日本全国各地の調剤薬局で毎日日常的に見ることのできる光景です。
秋田の医療機関も患者さんが受け取る薬については大半を院外処方に切り替えており,調剤薬局の果たす役割が非常に大きくなっています。
地域で果たす調剤薬局の役割が増えるにつれ,薬剤師の人材も必要になっており薬剤師求人が多数出ています。
薬の院外処方が今ほど一般化する前は、病院内の薬局の患者さんからは見えないところで薬剤師が調剤業務を行なっていたでしょう。
院外処方が一般化し調剤薬局で患者さんが薬を受け取るようになり、薬剤師もガラス張りになった調剤薬局の調剤スペースで調剤し、患者さんに薬を手渡しする時にそれぞれの薬の効き目や服用間隔を細かに説明するようになり、薬剤師の業務も大きく変化しました。
薬剤師が患者さんと直接向き合うように業務内容が変化してきた事により、薬剤師の仕事着である白衣の着こなしも変化しつつあるでしょう。
昔ながらの典型的な白衣をそのまま来ている薬剤師も多いですが、薬剤師と同様医療に携わる医者や看護師は、医療に携わる者のシンボルでもある白衣の着こなしにこだわりを持つ人が多いのです。
薬剤師も医療スタッフの一員として患者さんに直接向き合うわけですから、派手なアレンジは不適当ですが良識的な範囲で白衣をおしゃれに着こなすと、患者さんに与える印象がより良くなるでしょう。

Comments are closed.