山形の薬剤師求人の特徴を知ろう

山形は東北地方の1つとして冬は雪深い地域ですが、山形新幹線の開通により、ますます都心との距離も縮まり、企業の進出や住民の流入も増加しています。
県庁所在地である山形市をはじめ酒田市、鶴岡市などを中心に経済、産業、農業が盛んで、人口は約117万人あまりです。
山形県内の薬剤師数は2000人弱と、全国47都道府県中39位というランクで人数が少ない部類に入ります。
そのうち約半数が調剤薬局勤務であり、400人強の方は病院や診療所勤務となっています。
調剤薬局勤務が約半数と大きな割合を占めていますが、高齢化が深刻化するエリアにおいては、かかりつけ医ならぬかかりつけ薬局として、服薬指導や副作用の気づきなど医薬品の適正使用を担う役割が増しているといえるでしょう。
また、山形の薬剤師会ではスポーツ選手のアンチドーピングに積極的に取り組んでいます。
県内の薬局では特別な知識を有したスポーツファーマシストがいる薬局が看板を掲げて、プロアマ問わずスポーツ選手の相談や指導にあたっています。
日本ではほとんどの事例が、禁止薬物が入っているとは思わずに使用してしまう、うっかりドーピングであるため、この予防に特に力を入れているのです。
薬剤師資格を持ち、スポーツにも興味があるという方は、スポーツファーマシストの先輩が活躍する薬剤師求人を探してみましょう。
山形の薬剤師求人の年収状況は、正社員の場合で経験によって500万円から800万円程度となっています。

Comments are closed.